一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク



夫と妻、どちらが財布の紐を握るべきか?


 夫と妻、どちらが財布の紐を握るべきか……という問題には諸説あるが、ひとつ確実に言えるのは“マネーリテラシーの低い人間が主導権を握ると危険”ということだ。

 土屋和宏さん(仮名・38歳)の場合、3年前に結婚した当初は土屋さんが家計の主導権を握っていた。19万〜23万円の手取り月収(残業によって変動あり)のうち、奥さんに毎月13万円を渡し、残りはすべて土屋さんのお小遣いに。

「僕としては十分に渡していると思っていた……というか、特に何も考えていませんでした(苦笑)」

 だが、生活費(家賃7万円を含む)のすべてを13万円以内に収めるのは、奥さんの手に余った。毎月3万円ほど足が出ていたらしいが、“専業主婦として自分がちゃんとやりくりせねば”という奥さんの使命感ゆえ、土屋さんにその事実は知らされず……。ある日、些細なことで口論になった揚げ句、奥さんが定期的に実家に無心していた事実が発覚!

「もう、恥ずかしいやら情けないやら……。さすがに覚悟を決めて小遣い制に移行しました。月3万円は厳しいなと思うときもありますが、月5万円は貯金に回せるようになりましたし、何より嫁の精神状態が目に見えてよくなったので、正解だったなと思います」

 逆に、奥さんに家計の管理を任せた結果、思うさま使い込まれていたというケースも枚挙に暇がない。「数年間にわたる税金滞納(マンションの固定資産税)で給料を差し押さえられたことで、ようやく妻の浪費に気づいた」(48歳・飲食店)なんて笑えないケースも。

「即刻、妻からはクレジットカードもキャッシュカードも取り上げました。1か月分の生活費をまとめて現金で引き出し、あえて金庫で保管させています。ミニサイズとはいえ金庫から出金するとなると、それなりにカネを大事に扱うようになりましたね」

 共働き世帯の香村美寿々さん(仮名・40歳)の場合、夫婦の家計は完全に別々。だが、しっかりものの奥さんとは裏腹に、旦那のほうは稼いだカネと使ったカネの収支計算がまるでできないマネー音痴。引き落とされなかったカード代金を奥さんが肩代わりすることもしばしば……。

「いい加減キレて、何はさておきインターネットバンキングに登録することを厳命。ATMや通帳記入より残高の確認がラクですからね。ちょこちょこ残高を確認するクセがついてからは、以前のような無謀な出費は減りました」

 旦那さんは、同じ銀行に給与振り込み用と経費用と2つの口座を持っていたので、片方をカード決済用に設定。「カードを使うたびに、使った金額をメインの口座から振り替えるルールにしたので、未決済になることもなくなりました!」

 カネは“可視化”することから貯まっていく。

<これで、妻(夫)に裏切られない!>
・一人に家計を任せ切りにしない
・小遣い制を採用する
・生活費は現金で管理
・インターネットバンキングを活用
・残高はこまめにチェックする

― [中流でも貧乏]から脱出する方法 ―

日刊SPA!引用



手放せない彼女になりたい?彼をぐんぐんイイ男にする究極アゲマン女子の極意◎
sahoxo引用


アゲマン女子とは

出典: data.whicdn.com

アゲマン女子とは彼の運気を上げたり 出世に導く女性のことを言います。 逆にサゲマン女子は男性がどんどん ダメ男に劣化していくことをいいます。 アゲマン女子ってどうゆう女子のこというの?

束縛しない

出典: honeyonmyskin.tumblr.com

当たり前の条件かもしれませんが 束縛は絶対にしません。 元々アゲマン女子は自分も自立 している女性が多いので相手のことを 詮索するのはムダだしそんな暇ないのです。 信頼が根本にあれば束縛する必要はないし 男性は自由に行ってらっしゃいとされる方が 結局戻ってくる場合が多いです。

男性は自由に出かけさせて交流の輪を広げさせた方が、お金を稼ぐ発想や仕事の能率を高めるインスピレーションが湧いたり、ビジネスを成功させるチャンスに恵まれやすくなります
出典: za-sh.com

信頼を余裕で示す

出典: www.fashionsnap.com

例えば彼から「女友達に相談持ち掛けられて 二人でご飯行ってきてもいい?」と言われたら 「いってこい!悩み解決してあげて!!」と 言ってあげられますか? ここまで言われたら浮気をしたくてもできません。 むしろ正直に言ってくれた彼に感謝。 こうゆう時こそ本当の信頼が出ます。 余裕で信頼を示せる関係こそ本物です。

彼氏を心から信頼して、いろいろな事を任せることが出来たのなら、彼氏は自分自身に大きな自信を持つことが出来ます。
出典: nichiiro.com

背中を押せる

出典: platypus-number-ninety-four.tumblr.com

常に彼をサポートし、一番の理解者で いることがアゲマンの大きな特徴。 彼が自信をなくした時には 「大丈夫だよ!もうちょっと頑張ろ!」と とんっと背中を押してあげましょう。 そこで嫌気がさして男らしくないなどと 傷つける言葉をいうのは一番のタブー。

「付き合っていて、男が仕事に集中できるのがアゲマンな子。 過度な束縛がなく『お仕事ファイト!』って背中を押してくれるから、もっと頑張らなきゃなって思うし、仕事で疲れたら顔が見たくなる」(24歳/商社)
出典: netallica.yahoo.co.jp

自立していて気が強い

出典: everybodylovesprettygirls.tumblr.com

自立していて芯があり、 ある程度気が強い女性はアゲマンです。 意思が強く尊重できるので 彼との喧嘩や話し合いも冷静にできるし 話していて刺激をもらえます。 それが彼のモチベーションに繋がったり...

お金の管理がきちんとできる

出典: 31.media.tumblr.com

彼が結婚を考える女性はしっかりと お金の管理が出来る女性です。 欲しいから買う。可愛いから買う。 とお金に対して計画性がないと 彼女止まりになってしまいます。 彼が稼いだお金を自分の欲に使ってしまう。 それは確実に彼の運気を下げるでしょう。

将来、家庭に入ったとき、適切な金銭感覚を持っていると言うことはとても重要です。
出典: nichiiro.com

前向き

出典: fairylamp.tumblr.com

アゲマンとはどこまで男性に自信を 与えてあげられるかです。 この子となら大丈夫だ、頑張れる と思われる子というのは前向きで 常に毎日を楽しんでいるタイプです。 そうゆう女性と時間を過ごせば絶対 影響を受けるはずです?

「『俺はコイツさえいれば頑張れる』と思える女子と一度だけ付き合ったことがある。 その子は俺が仕事で悩んで弱音を吐いても『だいじょうぶだよ〜。何にも心配ないよ』ってニコニコしていて、いい意味ですごく能天気だった」(24歳/金融)
出典: netallica.yahoo.co.jp

きちんと怒れる

出典: forums.thefashionspot.com

彼が間違った方向へ行きそうだったら 「こうしたらいいんじゃない?」と さりげなく正しい方向へ導いたり、 違うと思ったら「これは違うと思うよ」と はっきりと直接伝えられる女性。 簡単にはできないかもしれませんが こうゆう女性は男性がパートナーに 選びやすいタイプです。

彼氏や旦那さんを見ていて「彼が望んでいる方向とずれていないか」ということを常に意識して、もし何かしらズレが生じているようであれば、相手に伝えてあげるようにしましょう。
出典: za-sh.com

いかがでしたか?

出典: www.amazon.com

アゲマンとは男性に自信をつけ、 しっかりと後ろでサポートしてあげること。 彼を縛りすぎてしまうと彼の見る 世界も狭まってしまいます。 それは彼にとってもあなたにとっても あまりいいことではないです。 アゲマン女子になって手放せない彼女になろう?



年下彼の愛がほしくて…。アラサー女性のサプライズが招いた悲劇
女子SPA!引用

 どんなに愛し合っている彼であっても、ときには言葉や態度でその気持ちを確認したくなってしまうのが女心。ところが、不意に芽生えたイタズラ心が、思いもよらない事態を招いてしまうこともあるようです。

◆サプライズで彼の愛情を図りたい女心

 飲食店に勤めるカナエさん(仮名・31歳)の彼は、職場で知り合った5歳年下の後輩。これまで年上にしか興味がなかったそうですが、彼からの熱烈なアプローチに根負けして付き合うことになったのが7か月ほど前とのこと。

 子犬のようにじゃれてくるかわいらしさと男として引っ張っていこうと少し背伸びする姿、ストレートな愛情表現に、カナエさんがハマるまで時間はかからなかったといいます。

「年上で落ち着いた雰囲気の人としかおつきあいしたことがなかったので、はじめは戸惑うこともありました。でも、付き合いはじめてからも変わらない彼の一途な愛情が心地よくて、初めて『愛される幸せ』を実感したんです」

 そんな幸せいっぱいの日々でしたが、半年が経ったころから少し落ち着きをみせはじめるようになったといいます。

「はじめがラブラブすぎたからかもしれませんが、彼からの愛情表現やわずかな時間でも会いたがる言動が減っていって、この年で言うのも恥ずかしいですが、なんだかさみしいなぁって(笑)。だから、彼の気持ちを確認したくなってしまったんです」

 愛されている実感と自信はあったものの、彼らしいストレートさで表現してほしくなったカナエさん。会う約束をしていた当日に「会えなくなった」とウソをついて残念がらせ、こっそり彼の家で手料理を作って待ち、帰宅した彼を驚かせようと思ったそうです。

「その日私は仕事が休みで、彼は夕方までのシフト。夜はいつも通り彼の家で過ごす予定だったので、約束の時間の直前に連絡して『夕飯は作っておいたから、まっすぐ帰って食べてね』って伝えたんです。『忙しい中ありがとう』って言ってくれました。でもその時はすでに彼の家。ソワソワしながら帰りを待ちました」

◆地元で見せた彼の思わぬ裏の顔

 電話を切ってから1時間ほどで帰宅するはずの彼。電気を消し、息を潜めて帰りを待つカナエさん。ところが、2時間経っても3時間経っても、彼は一向に帰ってきません。だんだん不安になり電話をしてみても、繋がらず。

「事故にでも遭ったのか、何かあったのかと、すごく不安になりました。そこで、近くの駅まで彼を迎えに行ったんです」

彼の家から駅までは歩いて15分ほど。キョロキョロと彼を探しながら駅を目指していると、通り沿いのバーで思わぬ光景を目撃します。

「カウンターでいちゃつく若いカップルが目に入りました。人目もはばからずベタベタと触れ合ったり、何度もキスしたり。ガラス張りの店で通りからも丸見えなので、よくやるなぁって歩きながら見ていたら、その男性が彼だったんです」

 驚きと動揺で訳が分からなくなったカナエさんは、無意識に店の中へと足を踏み入れていたそうです。カナエさんの入店にも気づかないほど夢中でいちゃつく彼と若い女性。会話に聞き耳を立てると、ついさっきこの店で知り合ったばかりの様子だったといいます

 しかも、やたらと女性の若さをほめる言葉を発していたとのこと。そんな彼の態度に香苗さんの怒りは心頭。背後から彼に近づき、呼びかけます。

「振り返った彼のニヤケ顔に、手にしていたワインを勢いよくかけてやりました。彼は全く状況が掴めなったようで、茫然としていましたよ」

 とはいえ、その程度で収まるほどの怒りではありません。カナエさんは店中に響き渡る大きな声で、

「私はこの人に遊ばれて捨てられました。結婚の約束もして、お腹に赤ちゃんもいたのに、捨てられたんです! しかもこいつ、彼女がいるのにこうして次々女に手を出す最低な男なんです」

と、彼の実名を挙げてデタラメを叫んだとのこと。

「ここは彼の地元でもあるので、小さなころからの知り合いも多いはず。これでもう悪いことはできないんじゃないでしょうか(笑)」

 その後彼は家も職場も変え、逃げるようにカナエさんの前から姿を消したそうです。

<TEXT/千葉こころ PHOTO/Dragonimages>



「主婦は三食昼寝付きの暇人じゃない!」カリスマ主婦が立ちあがったワケ


 主婦業の傍ら、「心の整理術」をテーマに、講演や書籍の執筆など各方面で活躍中の主婦のカリスマ・若松美穂さん。そんな若松さんも、当初はちょっとした“過剰妻”だったという。

「家族のための節約を意識しすぎるあまり、それがどんどんエスカレートしてしまって。ある時、夫がせっかく作ってくれようとしたパエリアの食材に『なぜ必死に節約しているのに、シーフードミックスではなく、ムール貝やら蛤やら有頭エビを買うの!?』とモノ申したり、『リサイクルショップで安く売っていた石鹸を使って!』と言ったら『俺はボディソープが好きなんだ。一生懸命働いているのだから、ボディソープくらい使わせてくれ!』とキレられたり。さらに、車を洗う時、要らなくなった洋服をカットして、雑巾にして使えば、洗わずに捨てることができて、水道代も減るから、とお願いしましたが、『布の切り口から出る細かいカスが車につくからイヤなんだよ』と断固拒否されたり……」

 そんな、夫を困惑させていた若松さんの数々の提案は、一方で世の主婦たちの共感を得ることに。

「もともと芸能人の妻たちの“素敵な奥さんぶり”を語るエッセイなどをよく読んでいたのですが、所詮お金に困っていない、子供の面倒を見てもらえる人たちの話であって、私たち一般主婦の思いや悩みってどこにも書いてないな……と。主婦って三食昼寝付きの暇人じゃないんだ!って世間に向かって言いたかったんです」

 縁あって、その思いを雑誌の誌面で伝えていくうちに、次第に家族の共感も得ることに。

「夫も今では整理上手、捨て上手、買い上手です。何より、私のすることに疑問も多かった様子の夫が、『節約術や文章を通じて何もないところから何かを生み出すってすごいな』と言ってくれるようになりました。おかげで今では、主婦って楽しい!と思えるんです」

 巷では、高スペックの男を虜にする彼女界のトップを「プロ彼女」と称すとか。ならば、主婦道を極めた若松さんの場合はいわば、「プロ主婦」。アナタの過剰妻の背中も、うまく押してやってはいかがだろうか。

【若松美穂氏】
節約のカリスマ。’72年、宮城県生まれ。’02年、主婦向け生活情報誌『サンキュ!』に、節約上手な読者として登場するや、読者アンケートで熱烈なアンコールが寄せられる。以来、カリスマ主婦として各誌に登場。生活全般にわたって楽しく、豊かに暮らすためのさまざまな工夫を提案。主婦業の傍ら、講演や新聞、雑誌、ラジオへの出演、書籍の執筆など各方面で活動中

― 過剰妻の“やりすぎ”被害報告 ―

日刊SPA!引用


グローバルエリートの母も見た!
優れた子育てには、科学的な裏付けがある
根拠の無い通説や思い込みを排除しよう

ミセス・パンプキン :グローバルマザー引用


教育を経済学的に分析をするとはどういうことなのでしょうか(写真 : KAORU / PIXTA)
慶応大学准教授の中室牧子氏による、「学力の経済学」が異例のベストセラーとして話題を集めています。

教育を経済学的に分析した書籍など、普通のおばさんである私には理解するのも難しいに違いないと、大手新聞で絶賛されていたにもかかわらず、私は本書の読書を後回しにしていました。ところが冒頭から本の内容は、「ご褒美で釣っても『よい』」「ほめ育てしては『いけない』」「ゲームをしても『暴力的にはならない』」とあります。私たちが普段接している、この反対の「常識」には、科学的根拠がないと記述されているのです。根拠の無い通説や思い込みに気づかされることが多く、最初から一気に引き込まれました。

経験だけで語られてきた教育

確かに日本では、たとえば財政政策に、財務大臣が「私の経験から」と発言することはありません。しかし教育政策では多分に、権威のある人が(専門家でもないのに)自分の経験に基づく発言をすることに、さほどの違和感はありません。

世の中には、どこかの誰かの受験成功体験や主観に基づく逸話に、藁にもすがる想いで群がる人はいっぱいいます。誰かが成功したからと言って、その通りに真似できるものでもないのに、教育に科学的な根拠が必要だという考え方が、官にも民にもほとんど浸透していないことに、中室氏は警鐘を鳴らされました。

教育経済学で多くのデータを用いて明らかにしている教育や子育てに関する発見は、「知っておかないともったいないこと」でいっぱいだそうです。特定の個人による成功体験より一般性の高い、その「もったいないこと」の数々を、本書は明らかにしてくれます。
 


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

人気おすすめサイト

大人可愛いシンプルベーシックなカジュアルアイテム"Pierrot"

ママブロガーに人気のブランドを多数揃えた”THREE RINGS”

トレンドからラグジュアリーSEXY、SWEET系、大人エレガンス系のアパレル夢展望

ママファッション特集,子育て世代に大人気ブロガーとコラボ"神戸レタス"

ユニクロやGUに負けないプチプラブランド”titivate”ティティ

トレンド幅広いママファッション”SHOPLIST.com by CROOZ”

毎日新作が入荷!プチプラ通販"fifth フィフス"

最新のトレンド"プチプラ"激安ファションDHOLIC

ur'sは、yours"あなたのために"の造語、あなたへ寄り添うブランド"ur's"

海洋エキスや4つの和漢エキス!赤ら顔専用化粧水"白漢しろ彩"

赤ら顔ケアの効果を最大限に発揮する基礎化粧品”SKIN&LAB”

洗うだけニキビ予防?日本人の肌に合わせた処方”ファーストクラッシュ”

日本酒酵母×乳酸菌の化粧水”pour moi ミルキーローション”

卵の薄皮で美肌に、世界で認められているバイオ技術"卵殻膜"

白潤サプリW成分で, "肌荒れ"など改善!モデルの輝く肌に

素肌力を高める和漢植物エキスと美容成分洗顔石鹸”ペネロピムーン マーシャ”

オーガニック美容エキス配合でアレルギーOK”ケレキュアネ ローション”

クリーミィな泡がやさしい肌触りで汚れをきれいにWeb限定"オリーブキュア センシティブスキン"

@cosmeでも大人気!小じわの悩みに”ロスミンリペアクリーム”

女性のための保険相談

生命保険無料相談 保険はプロに相談!

Facebookで恋活・婚活

楽天





Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM