一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

食生活や生活習慣で腸内環境を整える大切さが秘められた乳酸菌サプリ腸内フローラ

 


今、テレビや雑誌だけでなくブログや口コミで炎上するくらいに腸内フローラの重要性が強調されています。

 


誰もが望むビフィズス菌を増やす腸内フローラサプリも健康維持のために利用したい気持ち高まりますね・・・

 


腸内環境の機能が低下すれば・・・確かに健康維持に影響があるでしょう!


お腹の中で善玉菌を増殖させ、腸内フローラ叢を有用菌で満たしたいものです。

 


善玉菌・・・有用菌の働きは健康維持に大きくかかわっています。

 


生きたまま乳酸菌を腸まで届けてくれる腸内お届け便も腸内フローラサプリが一番?

 


腸内フローラサプリおすすめ

 

 

痩せ菌サポート!1袋に乳酸菌が「5兆個」なんとヨーグルト約500個分!

 

 

 

 

 


体内環境の免疫力が低下すると

 

風邪になりやすく


便秘に悩んだり


お肌のニキビが気になります。


腸内環境が悪玉菌に蔓延られていませんか?

 

 

善玉菌が減少すれば健康阻害する有害菌・悪玉菌が一気に増加します。

 

早急に食生活・生活習慣を改善して、善玉菌・有用菌・ビフィズス菌・オリゴ糖や食物繊維を腸内細菌にお届けましょう!

 

 

善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌の餌になる野菜や根菜類をできるだけたくさん食べましょう。

 

 

肉類もあまり多く摂り過ぎると身体によくありません。

 

 

 

 

 

理想的な食生活や習慣が継続できない原因は生活習慣にあります

 

 

 

 

 

肥満は国家が取り組む生活習慣病予防の大敵です。

 

毎年新しいダイエット方法が流行しては消えますが、やはり運動と食事が大事というのは誰でもわかっているところ。

 

今のダイエットは体重を落とすだけではなく、内臓脂肪や皮下脂肪を減らしてキレイな体型を目指すものが多いですよね。

 

 

ダイエットに効果があるといわれる食べ物も毎年でてきますが、最近メタボと戦う乳酸菌がでてきました。

 

 

 

 

TVで話題の痩せ菌「B-3(ビースリー)」(ビフィズス菌)が新配合!

 

 

痩せ菌サポート!1袋に乳酸菌が「5兆個」なんとヨーグルト約500個分!

 

 

 

 

 

内蔵脂肪を減らす乳酸菌

 

メタボリックシンドローム=内臓脂肪症候群という事は誰もが知っている生活習慣病です。

 

内蔵脂肪とは内臓の周りにつく脂肪のことで、皮下脂肪と違い血管に脂肪が入り込みやすく様々な病気を引き起こす要因として社会的な問題になっています。

 

 

内臓脂肪は高脂肪食により腸内バリアが破壊され、そこから肥満に関する物質が血液に流れ込み腸内に近い部分にくっついているのではということが研究されています。

 

 

内臓脂肪はつきやすく落としやすいという特徴があるため、この腸内からの肥満物質を防ぐことが重要になってきます。

 

 

 

腸管バリアメカニズム

 

 

そのためには腸管バリアを修復してくれる菌を摂取すればよいのです。

 

森永乳業の実験ではBMIが高めの52人の男女にビフィズス菌ビースリーを12週間摂取させた結果、違う食べ物を食べた男女に比べ体脂肪量が有意に減少したと発表しています。

 

このメカニズムは腸管バリアを修復することにより、体内に腐敗物質が流出しなくなったからではないかと考察し、体脂肪量だけでなく血中コレステロール、血糖値も下がったと合わせて発表しています。

 

 

森永だけでなく他の乳酸菌メーカーも肥満と乳酸菌の研究をしていて、LGG株やSBT2055株なども内臓脂肪の低減の報告がされています。

 

 

アメリカの研究では痩せている人の腸内細菌を移植したマウスは痩せやすくなり、太っている人の腸内細菌を移植したマウスは太りやすくなると報告しています。

 

 

Science「Gut Microbiota from Twins Discordant for Obesity Modulate Metabolism in Mice」

 

 

つまり、腸内細菌でも痩せやすい、太りやすいの体質が決まっている可能性があるということです。

 

 

また、腸内環境が正常になることによって腸内のぜん動運動が活発化し基礎代謝があがる可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

TVで話題の痩せ菌「B-3(ビースリー)」(ビフィズス菌)が新配合!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

9月に入ってもまだまだ日差しの強い日がありますが、夏にたくさん紫外線を浴びてしまい、シミやくすみが気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

シミやくすみは紫外線とともに、活性酸素によっても発生することが知られています。紫外線の対策は肌の外から行うものですが、活性酸素は身体の内側からの対策が重要です。

 

今回は管理栄養士の筆者が、シミ対策に効果が期待されており積極的に摂取したい“エクオール”という成分についてご紹介します。

 

 

http://www.shutterstock.com/

 

 

■大豆のイソフラボンから作られる“エクオール”

 

エクオールは、大豆イソフラボンの中のダイゼインという物質から作られます。イソフラボンといえば抗酸化作用や、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きをすることで有名です。

 

イソフラボンは、女性らしい美しさや若々しさを手助けする成分として知られていますが、そのイソフラボンから作られるエクオールは、シミやくすみを防いだり、肌のたんぱく質の産生にも関わり、乾燥を防止したりシワやたるみを改善する作用を持っています。

 

イソフラボンからつくられるエクオールですが、体内ではイソフラボンとはまた違う強力な作用を発揮してくれるのです。

 

 

■エクオールが作られるのは、日本人では二人に一人

 

そのエクオールは、腸内細菌の働きによってイソフラボンから作られることがわかっています。そしてなんと、このエクオールを作ることのできる菌を持っている人は、日本人では約二人に一人。

 

エクオールを作れる菌を持っていない人では、イソフラボンがエクオールに変換されないため、大豆製品を摂取しても効果が半減してしまうというわけです。しかも、若い世代ではエクオールを作れる腸内細菌を持っている人はさらに少ないこともわかっています。

 

■腸内環境を整え、エクオールを摂取しよう

 

ここで大切なことは、まず腸内環境を整えること。食物繊維や発酵食品をとって腸内をきれいに保ち、エクオール産生菌が活動しやすい状況を整えてあげましょう。

 

また、エクオール産生菌を持っているかどうかは、尿を検査することで調べることもできます。もしエクオール産生菌がなかったとしても、エクオールを摂取できるサプリメントなどで補うという方法もあります。

 

自分の身体で作れないとわかれば、外から摂取するのもいいですね。エクオールは身体に蓄積できないので、食物から摂取する場合もサプリメントから摂取する場合も、継続的に摂り続けることを意識してみてくださいね。

 

 

【参考】

※ 更年期ラボ

【筆者略歴】

※ 圓尾和紀 ・・・ 管理栄養士。総合病院勤務を経て予防医療を志し、独立。和食素晴らしさを伝える活動と、“不自然な食べもの”にあふれた環境で、定期的に身体をリセットする目的からファスティングを取り入れた生活の提案を行う。カラダヨロコブログ。

【画像】

※ Nishihama / shutterstock

 

 

 

 

 Woman Wellness Online引用

 

 

 

 

 

 

背中ニキビ、黒ずみなど、背中のトラブルに困っていませんか?


背中ってなかなか人目につきませんが、結婚式、海、温泉などで、意外と見られがちな部分です。

「彼氏とお泊りして、恥ずかしい思いをした…」


「せっかく結婚式を控えているのに、背中がボロボロ…」


「背中がやけに毛深くて、処理するのが大変…」


こんな悩みを抱えていませんか?


「汚い背中!」と思われる前に、つるつるすべすべの、「思わず触りたくなるような綺麗な背中」にしておきましょう!


今回は背中のトラブルを原因別にピックアップし、その原因と対処法、さらにおすすめのグッズなども紹介していきます。

 

背中のニキビ

 

背中の黒ずみ

 

背中のあせも

 

背中のムダ毛、うぶ毛

 

 

 

この4つを詳しく取り上げていきます。

 


痛い!赤い!ブツブツ背中ニキビの原因と対策


背中は顔と同様にニキビができやすい部分でもあります。

 

しかし、目の届きにくい場所でもあるからこそ、気づきにくいのです。

 

「何だか背中が痒いな、なんだろう」と触ってみた時に初めてニキビを発見するのではないでしょうか。

 

背中にできるニキビにはいくつか原因が考えられます。

 

 


背中ニキビ原因 


シャンプーやリンスなどの洗い残し

 

背中ニキビ、背中の黒ずみ…「背中のトラブル」を解決して、綺麗な背中を手に入れる!

 

シャンプーやリンスの洗い残しが背中に付着する事によって毛穴を塞ぎ、結果ニキビの原因になってしまいます。


シャンプーは洗浄成分に残留性があるため皮膚に留まりやすくなってしまいますし、リンスの油分はアクネ菌のエサにもなります。


ですので、シャンプーやリンスが十分に洗い落とされていないと、ニキビの発生に繋がってしまうのです。

 

 

 

対策

 

シャンプーやリンスをしっかり洗い流す事が基本ですが、お風呂で髪の毛を最初に洗い、次に体を洗う事で、シャンプーやリンスの付着から背中を守る事ができます。


また、シャンプーを低刺激のものに変えるのもオススメです。


万が一皮膚に付着してしまっても、刺激の低いものならニキビを悪化させることを避けれるでしょう。


 

背中ニキビ原因

 

 寝汗


寝ている時が一番汗をかくと知っていましたか?


私たちは、なんと一晩でコップ1杯もの寝汗をかいているそうです。


寝汗をたくさんかくと、背中に油分や老廃物が溜まってしまい、ニキビの原因になってしまいます。

 

仰向けで寝ている人は特に背中に汗をかきやすく、ムレやすいです。


その結果お肌を清潔に保てなくなります。

 

 

 


対策

 

寝汗をかかない、なんて事はできませんから、通気性の良いシーツや布団にする事でムレを防ぎましょう。


さらに、汗を良く吸ってくれるような肌着を着たり、通気性のよいパジャマを着る事でも予防できます。


寝る前に大量の水を飲むことも汗をたくさんかいてしまう原因になりますので、ほどほどにしましょう。

 

 

 

 

背中ニキビ原因 

 

洗濯洗剤、柔軟剤


背中ニキビ、背中の黒ずみ…「背中のトラブル」を解決して、綺麗な背中を手に入れる!

 

服についている洗剤や柔軟剤が肌に合わずにニキビの原因になっている場合もあります。


洗浄成分の強い洗剤、香りが強く、衣服に残留物が長く留まってしまうような柔軟剤は避けましょう。


柔軟剤の主成分である陽イオン界面活性剤は肌荒れの原因にもなるので、ニキビ以外の肌トラブルも起こしてしまう可能性があります。

 


対策

 

洗剤、柔軟剤を買う時は成分表示を見て、肌にとって強い成分を避けるようにしましょう。
界面活性剤が肌に合わないようでしたら、手間はかかりますが、洗剤では無く石鹸に変えて洗ってみるのも一つの手です。
肌に直接触れる肌着だけでも、肌に優しい成分で洗ってみて下さい。


 

背中ニキビ原因


 脂っこい、糖分の高い食事

 

背中ニキビ、背中の黒ずみ…「背中のトラブル」を解決して、綺麗な背中を手に入れる!


油分や糖分が多い食べ物はニキビをできやすくさせます。

 

肉類、動物性の脂肪を使った料理、さらにはケーキやチョコレートなどの甘いお菓子です。


これらは皮脂の分泌量を過剰に増やしてしまうので、摂り過ぎに注意してください。


また辛い料理も、ニキビを悪化させてしまうので、たくさんニキビがある時は避けた方が無難です。

 

 

 

 

対策

 

甘い物、脂っこい物、辛い物を避ける他、ビタミン類などを多く取ることによって改善できます。
ニキビに効くのはビタミンA、B2、B6、C、E、などです。


また、新鮮な野菜もたくさん摂るようにしましょう。

 

 

 

 

背中ニキビ原因 

 

ストレス

 

ストレスも背中ニキビに関係しています。

人はストレスを感じるとアドレナリンを放出しますが、その結果活性酸素が体内で増えて過剰に皮脂が分泌されてしまいます。
緊張した時など、手汗でベタベタしませんか?


ストレスを感じた時の皮脂は、通常よりも粘り気があって毛穴に詰まりやすいそうです。
また、ストレスによって免疫が下がったり、ホルモンバランスが崩れてしまうのも、ニキビの原因の一つです。

 

 


対策

 

できるだけストレスを感じないような生活を送ることが第一です。
規則正しい生活に変える、ストレスを感じても運動や趣味でリフレッシュするなどして、心のコントロールを上手に行いましょう。

 

 

 

 

 

 

背中ニキビがかなり酷い人は、クリニックがおすすめ

 

ニキビケア用品を使っても治らない、背中一面に酷いニキビがある、という人にはクリニックや医療機関をおすすめします。


ニキビだけなのにクリニックに頼ってもいいの?という人もいるかもしれませんが、ニキビだって立派な「皮膚の病気」です。


取り返しがつかなくなる前に、一度医療機関に足を運んでみて下さいね。

 


 

 

 

視線が気になる…背中の黒ずみの原因と対策

 

 

背中の黒ずみも、ニキビ同様に気づきにくいですよね。

 

人から指摘されて気付いた、ある日何気なく鏡を見て気付いた、なんて人が多いのではないでしょうか。


黒ずみは肌の色素沈着なので、ニキビのようにすぐに治す事は難しいです。


ですから、黒ずみの原因と対策をここでしっかり押さえておきましょう。

 

 

 

 

 

 

背中の黒ずみの原因 毛穴の詰まり

 

 

 

毛穴に皮脂や汚れが詰まって酸化して黒くなると、背中の黒ずみの原因になります。


背中は特に汗をかきやすく、皮脂がたくさん分泌されるので、黒くなりやすい箇所でもあります。


また、それを放っておくと、今度は背中ニキビの原因にもなってしまい、ニキビ跡→色素沈着、なんて悪循環にもなりかねません。

 

 

 

 

対策

 

まず皮脂が詰まらないように背中を「清潔」に保つことを心がけて下さい。
お風呂では特に念入りに、丁寧に背中を洗いましょう。

汗をかいたらその都度処理をする事も大切です。

 

 

 

 

 

 

 

背中の黒ずみの原因 ナイロンタオルなどでの摩擦

 

 

背中ニキビ、背中の黒ずみ…「背中のトラブル」を解決して、綺麗な背中を手に入れる!

体を洗う時にナイロンタオルでごしごし洗ってしまうと、肌を傷つけて黒ずみを作ってしまいます。
洗い心地がさっぱりするから長年愛用している、という人は特に注意です。


ナイロン生地は皮膚よりかなり硬いため、繰り返し使用する事で徐々に色素沈着を引き起こします。

 

 


対策

 

ナイロン製のボディタオルを避け、肌に低刺激のものを使いましょう。
綿(コットン)、麻(リネン)、絹(シルク)、その他植物や動物などの天然素材は肌を傷めにくいです。
その反面、泡立ちが悪い事も。


ナイロンを初めとする合成繊維のボディタオルは泡立ちが良いのが特徴でもあるので、泡立てる時は合成繊維、洗う時は天然素材と使い分けるのもおすすめです。

 

 

 

 

背中の黒ずみの原因 寝汗

 

背中ニキビ、背中の黒ずみ…「背中のトラブル」を解決して、綺麗な背中を手に入れる!

寝汗はニキビの原因でもありますが、背中の黒ずみの原因にもなります。

寝汗をたくさんかいて背中に油分や老廃物が溜まると、それが酸化して皮膚が固くなったり黒くなったりしてしまいます。
せっかくお風呂で綺麗にしても、寝ている最中に汗をかいて毛穴を詰まらせてしまったら元も子もありません。
汗で雑菌が繁殖してしまう可能性もあります。

 

 

 

対策

 

通気性の良いシーツや布団にする事でムレを防ぎましょう。
さらに、汗を良く吸ってくれるような肌着を着たり、通気性のよいパジャマを着る事でも予防できます。
寝る前に大量の水を飲むことも汗をたくさんかいてしまう原因になりますので、ほどほどにしましょう。
また、寝室の温度も適温に保っておきましょう。

 

 

 

 

背中の黒ずみの原因 睡眠不足

 

睡眠不足によりホルモンバランスが崩れると、肌のターンオーバーが乱れて黒ずみが作り出されます。
ホルモンバランスの乱れは黒ずみだけでなく、ニキビや吹き出物、シミ、そばかすなどのその他の肌トラブルの大元にもなるので、正常に保たねばいけません。
食生活、ストレスなども関わってきますが、睡眠不足も特にお肌に負担をかけるので、お肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜10時〜2時の間は睡眠をとるように心がけて下さい。

 

 

 


背中の黒ずみの原因 脂っこい、糖分の高い食事

 

 

油分や糖分が多い食べ物はニキビをできやすくさせる他、背中の黒ずみも作り出します。
肉類、動物性の脂肪を使った料理、さらにはケーキやチョコレートなどの甘いお菓子です。
これらは皮脂の分泌量を過剰に増やしてしまうので、摂り過ぎに注意してください。
またコーヒーや紅茶に多く含まれるカフェインは、ビタミンの吸収を阻害してしまうので、たくさん飲み過ぎないようにしましょう。

 

 

 

対策

 

甘い物、脂っこい物、辛い物を避ける他、ビタミン類などを多く取ることによって改善できます。
肌のターンオーバーを促進するのはビタミンA、B6、Cなどです。
ターンオーバーが促される事によって肌が生まれ変わり、黒ずみも薄くなっていきます。

 

 

 

 

背中一面にビッシリ!あせもの原因と対策

 

 

 

汗をかいて放っておくと、背中に小さな赤いブツブツがたくさん…。
あせもって一旦できると、背中全体に広がってしまって辛いですよね。
しかし、ニキビと似ている事から、あせもの事をニキビと勘違いしている人も多いかと思います。
間違えやすいニキビとあせもの違いをまとめると、

 

 

 

 

ニキビ

 


アクネ菌が原因
毛穴にできる
皮脂をエサにして増える
 

 

 

あせも

 

黄色ブドウ球菌が原因
毛穴だけでなく、肌全体にできる
汗をエサにして増える

 

ニキビは毛穴の奥、皮脂が原因でできるのに対し、あせもは汗が原因になって肌全体にできていくと分かりますよね。
大量に汗をかいて、汗の始末をしないでおくと、黄色ブドウ球菌が増え、あせもの原因になってしまいます。
夏になるとあせもが出る、という人が多いでしょうが、それ以外にも

 

 

 

風邪を引いた時

 

ベルトなど衣服の締め付けで皮膚が塞がれた時
絆創膏、包帯、湿布などを付けている時
などにも、あせもができてしまいます。
それは、汗の逃げ場が無く、汗が詰まってしまうからです。

 

 


対策

 

 

あせもを防ぐには、常に肌を通気性の良い状態に保っておくことが肝心です。
汗をかいたらそのままにせず、濡れタオルでふき取る、シャワーをして洗い流すなどのケアをしましょう。
乾いたタオルより濡れタオルを使用した方が、汗の成分を落とす事ができます。
濡れタオルがなかなか用意できないのであれば、ウェットティッシュや汗ふきシートを常備しましょう。
そして、着る物も吸水性、通気性の良い素材を心がけて下さい。

 

 

 

 

対策をしているのに背中のあせもが改善されない人におススメのグッズ

 

 

あせもは通常2〜3日で治りますが、大量の汗をかく人、また、かいてしまってとびひしてしまった人は、なかなか治りにくいです。

 

 

 

ステロイド外用剤

 

抗生物質が配合されたステロイド外用剤は、あせも、湿疹、かぶれ、アトピーなどに効果があります。
病院でも処方される薬です。

 

ただ中には効果がかなり強いものもあるので、使用したことが無い人は、薬剤師や医師に相談する事をおすすめします。
薬で早く治したい方向けです。

 

 

 

 

ベビーパウダー


肌の汗や水分を吸収させて乾燥させてくれ、汗をかいた後の不快感はもちろん、かゆみも抑えてくれます。
痒くてかいてしまう時に落ち着かせるケアとして最適です。

 

乾燥肌の人にとっては、肌を余計乾燥させてしまう事にもなるので、使用量に気を付けましょう。

 

意外と見られてる!背中の産毛、ムダ毛のおすすめケア


凄く綺麗な人なのに、背中やうなじに産毛がビッシリで、ちょっとガッカリ…なんて経験ありませんか?
もしかしたらあなたの背中も誰かに見られているかもしれません。

 

 

 

背中のムダ毛って自分でケアするには難しい箇所なので、ノータッチの人もいるかもしれませんね。

 

 

反対に、毛深いのが悩みだったり、産毛が目立つのが悩み、でもどうケアしていいのか分からない…という人もいるでしょう。
次はおすすめの背中のムダ毛ケアについて紹介していきます。

 

 


安く済ませたい!という人におすすめのセルフケア

 

 

 

背中のセルフケア

 シェーバー

腕や足と同様、シェーバーを使って除毛していくやり方です。
鏡を見ながらやりましょう。


間違えてしまうと怪我の原因にもなるので、自信が無い方は、友人や家族、彼氏に頼んでやってもらうといいですね。

 


メリット

 

手軽
いつでもできる
安い

 

 

デメリット

 

怪我しやすい
コツがいる

頻繁にお手入れしないといけない

 

背中のムダ毛を剃る際は、毛の流れに注意して剃りましょう。

 

背中の毛の流れはこのようになっています。

 

背中ニキビ、背中の黒ずみ…「背中のトラブル」を解決して、綺麗な背中を手に入れる!

 

始めに毛の流れにそって剃り、次に逆剃りをすると、剃り残しの無い綺麗な肌になります。


しかし逆剃りはお肌を傷める事にもなるので、お肌が弱い人は毛の流れにそって剃りましょう。

 

 

 

 

背中のセルフケア 

 

 

除毛クリーム

 

除毛クリームは背中に塗って洗い流すだけなので、シェーバーより安全に簡単にできます。

 

ゴムべら等を使って、均一にクリームを塗っていきましょう。

 

5分〜10分程度おいてシャワーをすれば終わりです。

 


メリット

 

 

怪我をしない
手軽
生え代わりがチクチクしない
デメリット
肌が弱い人には刺激が強い
刺激臭
 

 

 

 

 

背中のセルフケア


 脱毛ローラー

転がして産毛を絡めて取るタイプのケア用品です。


鏡を見ながらシェーバーやクリーム除毛をするのが面倒な人におすすめできます。
ただ、ローラーで産毛を引き抜く訳ですから、多少の痛みは伴うようです。

 

 

 


メリット

 

簡単
手軽

 

 


デメリット


痛い
肌を傷める事も

 

 


 

背中のセルフケア 

 

ボディタオル

背中用の産毛取りタオルです。
面倒な事をしたくない、痛い思いをしたくないと言う人におすすめできます。
毎日のお風呂で使用し続けると、次第に産毛が無くなっていくと評判です。

 

 

 

メリット


手軽
お風呂のついでにできる

 

 

デメリット



時間が掛かる
他の脱毛ケアに比べて効果が薄い


Lier引用

 

 

 

 

 

 

外部サイト

 

 

 

 

 

肌質やニキビ跡の症状は人それぞれ、ターンオーバーは28日周期が基本

 

 

乳酸菌サプリメントで毎朝スッキリ美肌に老化防止made!

 


美肌ha,肌を回復するがキーワード?肌のターンオーバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラサー世代の顔悩みといったら……、たるみが多いのでは? 重力に従って、「頬が下がってきた」「フェイスラインが崩れてきた」と、感じている方は多いことでしょう。

 

それを放っておいては、顔のたるみは加速。若々しさが奪われ、老けた印象を与えるようになるので、手遅れになる前に何とかして食い止めたいところ……。

 

 

そこで今回は、顔のたるみを加速させるNG習慣とリフトアップ法について、お話していきたいと思います。

 

 

 

■顔のたるみを加速させるNG習慣4つ

 


顔のたるみは、日常生活を送るうえでやりがちな下記の習慣と関係しています。

 

 

 

(1)表情が乏しい/咀嚼回数が少ない

顔の筋肉を使わずにいると、筋肉の間に脂肪がたまり、たるみが生じます。

 

 

 

(2)うつむき加減で長時間スマートフォンを見ている

うつむいた姿勢を取っていると、肌が下に引っ張られて、たるみを招きます。特に、口周りにたるみが生じやすくなるので要注意。

 

 

 

(3)紫外線対策が不十分

紫外線(UVA)は真皮のコラーゲン、エラスチンを破壊し、肌の弾力を低下させます。日焼け止めは一年中マスト。こまめな塗り直しを心がけましょう。

 

 

 

(4)運動不足

運動不足は、肌の新陳代謝を低下させます。ヨガ・ウォーキングなどの軽めの運動や入浴を習慣にして、めぐりの良い体作りを。

次は、たるみを作らせない・進行させないためのリフトアップ法です。

 

 

 

■顔のたるみをリフトアップさせる方法


ここでは、パーツ別に効果的なリフトアップ法をお伝えします。

 

【頬】

(1)人差し指〜小指の4本の指を縦にした状態で頬に添え、頬骨の下を支えるようにして目尻まで引き上げる。

(2)手のひらを頬にあて、フェイスラインに向かって内側〜外側に伸ばす。

 

 

【口元】

口を閉じたまま、歯の表面に沿ってベロをグルグル回す。左右各20回ずつ、朝晩おこなうと効果的。

 

 

【フェイスライン】

(1)人差し指〜薬指の3本の指の腹を使い、口角〜こめかみに向けてクルクルと円を描くようにマッサージをする。

(2)親指の腹をあごの下にあて、耳下まで引き上げる。

 

 

どれも、決して難しいものではありません。たるみのない若々しい顔をキープするための習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

【関連記事】

 

 

毎朝たった2分!二重あごもスッキリ「顔痩せ」速効ゴリゴリ術

 

 

 美レンジャー引用

 

 

 

 

スリムでスタイル抜群! けれど肉感と色気のあるマギーさんのボディは憧れ♡ マギーさんの場合、ハーフ持ち前の四肢の長さはもちろんありますが、これだけのスタイルをキープし続けるのは並大抵の努力ではないはず。



 
欲しいのは“色っぽスリムボディ”♡ マギーさん流「めりはりダイエット」のコツって?

マギー めりはりダイエット_01

出典:instagram

そこで今回はそんなマギーさんのきれいの秘密を少し覗いてみましょう。

 

(1)バランスのとれた食事(炭水化物は極力とらない)

こちらは、ある日のマギーさんのランチ。
マギー めりはりダイエット_03

出典:instagram

そしてある日のディナーもバランスのとれたおかずのみ。メニューを見れば、野菜とたんぱく質の摂取を意識していることは一目瞭然です。
マギー めりはりダイエット_04

出典:instagram

 

(2)食べ過ぎたらすぐに調整

マギーさんのインスタを見ていると、頻繁に「ジュースクレンズ」を取り入れているのがわかります。イベント後など「食べ過ぎてしまったらすぐに調整!」がマギーさん流ダイエットの秘密のようです。
マギー めりはりダイエット_05

出典:instagram

 

(3)「食べたいもの」は“ご褒美”で食べる!

ひたすら我慢をし続けるダイエットは続かないもの。マギーさんも時には好きなものを友人や家族と一緒に楽しんでいるようです♪
マギー めりはりダイエット_06

出典:instagram

 

このようにマギーさんのきれいの秘密は“アメとムチ”を上手に使い分けた「めりはりダイエット」にありそう。私たちも上手に緩急つけたマギーさんのダイエット術を見習って、露出の多くなる夏に向けて“色っぽスリムボディ”に近づいていきましょう!

 

text:kanacasper(カナキャスパ)(映画・カルチャー・美容ライター/編集者) top image出典:instagram 



beauty news tokyo  引用


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

人気おすすめサイト

大人可愛いシンプルベーシックなカジュアルアイテム"Pierrot"

ママブロガーに人気のブランドを多数揃えた”THREE RINGS”

トレンドからラグジュアリーSEXY、SWEET系、大人エレガンス系のアパレル夢展望

ママファッション特集,子育て世代に大人気ブロガーとコラボ"神戸レタス"

ユニクロやGUに負けないプチプラブランド”titivate”ティティ

トレンド幅広いママファッション”SHOPLIST.com by CROOZ”

毎日新作が入荷!プチプラ通販"fifth フィフス"

最新のトレンド"プチプラ"激安ファションDHOLIC

ur'sは、yours"あなたのために"の造語、あなたへ寄り添うブランド"ur's"

海洋エキスや4つの和漢エキス!赤ら顔専用化粧水"白漢しろ彩"

赤ら顔ケアの効果を最大限に発揮する基礎化粧品”SKIN&LAB”

洗うだけニキビ予防?日本人の肌に合わせた処方”ファーストクラッシュ”

日本酒酵母×乳酸菌の化粧水”pour moi ミルキーローション”

卵の薄皮で美肌に、世界で認められているバイオ技術"卵殻膜"

白潤サプリW成分で, "肌荒れ"など改善!モデルの輝く肌に

素肌力を高める和漢植物エキスと美容成分洗顔石鹸”ペネロピムーン マーシャ”

オーガニック美容エキス配合でアレルギーOK”ケレキュアネ ローション”

クリーミィな泡がやさしい肌触りで汚れをきれいにWeb限定"オリーブキュア センシティブスキン"

@cosmeでも大人気!小じわの悩みに”ロスミンリペアクリーム”

女性のための保険相談

生命保険無料相談 保険はプロに相談!

Facebookで恋活・婚活

楽天





Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM